マミさんの膝の上

主に、Unity・3D プリント・設計・解析のネタや、VR関連についてのメモ書きです。

Oculus Audio SDK メモ

【概要】

先日、OculusMobileVRJamの「GATE-D」チームのお手伝いをさせて頂きました。 vrjam.challengepost.com

作業の目的の1つがGearVRで再生される360度動画に対して、臨場感のある音響環境を構築する事であり、Oculus Audio SDKを使用し環境構築を行いました。
よって、本ポストはOculus Audio SDK を使用したUnity開発時のメモ書きになります。
Oculus Audio SDKを触ってみたいなという方への参考となれば幸いです。

【開発環境】

Windows8.1 Unity 5.0.1p3 Oculus Audio SDK Plugins 0.10.2

【動画の再生環境】

スフィアに360動画を投影し、その内部にカメラ(人)がいる状況になります。

【Oculus Audio SDK導入方法】

解凍した「AudioSDK」フォルダ内の「Plugins」/「Unity」/「OculusSpatializer.unitypackage」をUnityでインポート

【Oculus Audio SDK サンプル】

「Assets」/「OSPTestScene」/「OSPTest」シーンを開き、再生! マウスを回転させるとスピーカーから音が出ている事を体感出来ると思います。 f:id:RyutoSouma:20150513002520p:plain

【実際に使用するには?】

「OSP」内の「OSPAudioSource(スピーカー)」「OSPManager」をHierarchyに配置 f:id:RyutoSouma:20150513225256p:plain
「Audio Listener(聴者)」と「OSPAudioSource」の位置関係を調整します。 f:id:RyutoSouma:20150513225049p:plain
デフォルト設定の場合は、スピーカーと聴者の距離が1程度になるようにすると、色々おもしろいかと思います。

【音楽再生環境の検討】

動画の再生に合わせて、スピーカーの配置を検討しました。

初期配置案

【6方向+頭上】
* 問題点
思ったより、斜め方向から音が出ている事を知覚出来なかった。
これは単なる調整不足と私のSDK理解不足の為、きちんと調整すれば臨場感は下記最終案より良くなるはず。 f:id:RyutoSouma:20150513005536p:plain

最終配置案

【前後左右+頭上】
4方向の場合、音源毎の音声ファイルを減らせる為、工数を減らせる事が一番のメリットでした。
頭上は、BGM再生専用にする事で、他のスピーカーと設定を変えています(減衰率を減らしています
f:id:RyutoSouma:20150513005557p:plain f:id:RyutoSouma:20150513005600p:plain

【感想】

SDKのDLから半日程である程度環境の検証が出来るほど手軽で、Oculus Audio SDKは非常に面白いと思います。
なにより、聴覚を使った「そこにいる感」を出せるようになるので、これは今後の開発では必ず使用したいと思います。
具体的には、女の子モデルにアタッチしたいですね!
また、各設定項目については、後日追記したいと思います。