マミさんの膝の上

主に、Unity・3D プリント・設計・解析のネタや、VR関連についてのメモ書きです。

抱きしめ♡ちゅーんちゃん 【ハードウェア構成】

概要

「抱きしめ♡ちゅーんちゃん」で使用したオリジナルハードウェアの解説ポストになります。

抱きしめ♡ちゅーんちゃん全体像

MoguraVRさんでご紹介頂いた際の体験風景が、分かりやすかったので(´ω`)
こんな感じで、枕を抱きしめて体験するのがデフォルトです。 www.moguravr.com
f:id:RyutoSouma:20150902233302p:plain

ハードウェア構成

今回使用したハードウェアは4つあり、それぞれ主要部品と簡単な解説を行いました。

抱きしめ圧力感知まくら

  • 主要部品
  • 構成 f:id:RyutoSouma:20150901205547p:plain
  • 解説
    • センシング
      • 圧力センサー1個で、抱きしめている状態を取得しています。[抱きしめていない][弱い抱きしめ][強い抱きしめ]の3段階なら、これ一つでも実現出来るので、類似コンテンツ作成を検討される方にはおすすめです。 f:id:RyutoSouma:20150902213507j:plain
    • まくらのサイズ
      • 抱きしめる際のまくらのサイズは、体格によって43×63cm or 35×55cmで分けると良いと思います。ボーダーラインは身長160cmくらいでしょうか。
      • 椅子に座って体験する時よりも、座椅子に座って体験する方が、膝の位置の関係上まくらが大きく感じますので、作成するコンテンツによって注意が必要です。
    • まくらの選定条件
      • 自重で倒れない事
      • 抱きしめた時に、柔らかさがある事
      • 上記2点のバランスを考えながら、ニトリで厳選してました。自然にまくらを抱きしめていたので、ちっとも怪しくなかったと思います。えぇ。

振動モータ & PCファン搭載 OculusRiftDK2 マウンタ

ハンドトラッキング

  • 主要部品
    • LeapMotion
    • オリジナルLeapMotionマウンター(角度調整版)
      • www.thingiverse.com
  • 構成
    • LeapMotionでちゅーんちゃんの頭を撫でると、左右で反応が変わります
  • 解説
    • LeapMotion
      • LeapMotionは「Image Hand」を使用。これ、本当に臨場感が増します。
    • マウンター
      • 以前制作したモデルから、少し下向き(実際の手の位置に合わせた位置)になっています

膝上女の子再現機構

  • 全体図 f:id:RyutoSouma:20150903214445j:plain
  • 主要部品
  • システム構成 f:id:RyutoSouma:20150903221943p:plain
  • 解説
    • 膝上圧力機構
      • やっぱ膝に乗っかって欲しいよなー!と、自宅に転がっていた有り合わせの部品を組み合わせて、えいや!!とノリと勢いで2日程で作りました。何で出来ちゃったんだよ…
      • ちゅーんちゃんが前に動くと、モーターがクッションを引っ張り、膝の上に女の子が乗っかっている圧力を再現します youtu.be
    • DCモーター制御
      • 12V DCモーターを2個使用しています。
      • DCモーターを正転・逆転・停止させる場合は、モーター1個にシールド1個が必要です。 f:id:RyutoSouma:20150903214209j:plain f:id:RyutoSouma:20150903215022j:plain
      • DCモーターの固定用MDF板は、おっぱいを動かそうと思って、以前設計していた時の余り(´・ω・`)

まとめ

今回は、@izmさんにソフトウェア周りを作り込んで頂けた為、特にハードウェアで思う存分遊んでました!
色々組み合わせた結果、Arduinoを計4個使用しており、ハードウェア的なトラブル(コネクタが抜ける・Arduinoの端子口が取れる)等々もあったのですが、真面目に設計したものから、ノリで作ったものまで、色々試せて楽しかったです!

なお、Winodwsマシンでは、たまにArduinoを指しなおすとCOMポート名が変わる事があるので、Unityから自動でどのArduinoかを判別出来るように仕込んでおいたのも地味に役立ちました。
後ほど、自分へのメモ書きも含めてGitに上げたいと思います('◇')ゞ